背景色の変更
標準
文字サイズの変更
標準

医療通訳ボランティア


医療通訳ボランティアについて

日本の病院で、医師や看護士の言葉がわからず、困った経験はありませんか?
つくば市国際交流協会では、困っている日本語が話せない患者さんをサポートするため、医療通訳ボランティアの派遣を行っています。

派遣病院 原則としてつくば市内の医療機関
  (市外の病院でも依頼があれば派遣できます。)
内容 診察中、治療結果、入院時のすごし方、会計、
手術内容や同意書、診断書、その他手続き書類の説明における通訳
対応言語 英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語
料金 無料
連絡先 病院の医事外来課または医療福祉相談室のスタッフにおたずねください。

       医療通訳は患者本人、患者のご家族からはお申込いただけません


医療通訳が派遣されるまで

患者から病院に予約時に医療通訳を要請
または、病院の判断

医療通訳の要請(病院から)

つくば市国際交流協会が医療通訳をコーディネート

医療通訳の派遣

病院で通訳


医療通訳を利用される方へ


つくば市国際交流協会の医療通訳者たちは、皆さんの力になるためにボランティアで活動しています。
利用される方は、以下のいくつかのお約束を了解した上で、医療通訳の利用をお願いします。

  1. つくば市国際交流協会の医療通訳派遣事業は、日本語を母語としない患者さんが適切に治療を受けられるよう、サポートするものです。
  2. 医療通訳ボランティアは、医療通訳養成講座を受け、修了した方々ですが、通訳経験が浅いです。
    場合により、通訳者が2名になるときもあります。
  3. 手術の同意書など重要な書類にサインをするときは、患者の意思に基づいて書名したものとなります。
    不明な点を、すべて確認してから、サインをしてください。
  4. 医療通訳ボランティアは患者さんの個人情報を他人に話すことは絶対にありません。
    しかし、医療通訳の技術を向上させるためには、研修が欠かせません。
    通訳内容について他の医療通訳ボランティアと相談することがあります。

医療通訳ボランティア派遣案内

医療通訳ボランティア派遣案内

医療通訳ボランティアが、どのように派遣されるのかを、にほんご、中国語、ポルトガル語で作成しました。
皆様のまわりにいる外国人で、医療通訳を必要とされる方がいましたら、どうぞお渡しください。

にほんご(Japanese)オモテ ・ウラ

中国語(Chinese)オモテ ・ウラ

ポルトガル語(Portugues)オモテ ・ウラ

スペイン語(Espanol)オモテ ・ウラ

英語(English)オモテ ・ウラ

医療通訳ボランティアへの登録について

医療通訳ボランティアへの登録は、原則として、当協会が主催する「医療通訳ボランティア養成講座」を受講し、試験に合格していることが必要になります。

 次回の養成講座は平成28年度(2016年)に開講予定です。

医療通訳ボランティア養成講座について

※今年度の講座は修了しました※
各種ご案内のダウンロードが可能です。

講座のご案内チラシ
申込書(Word版)
申込書(pdf版)
医療通訳ボランティア養成講座について